民主主義の危機

 アメリカ大統領選挙で、3つの州で、理解不可能な結果が出ています。  あまりにも下手な手段で、世界中に、バレバレみたいな感じになっていますが・・・どちらの言っていることが本当なのか、正直、私には分かりません。  トランプさんが本当は、勝っているのか、バイデンさんが勝っているのか・・・。  アメリカの大統領選では、日本の様に、選挙がしっかりと行われていない・・・それも、今回だけではないですね。  これで、アメリカの信用、かなり、いや、そうとう、失いましたね。  アメリカが今まで長い間、血と涙で築き上げた「自由」「民主主義」、これが、世界のモデルと言われていたのに、これでは、今までの努力が水の泡って感じになりますね・・・誠に、残念です。  トランプさん、今回、かなりお金を使った様で、今、440億円もの負債があるとか。  日本の選挙も、どうですか?選挙の時、お金で票を動かそうとしている人、いませんか?  出来るだけお金の使わない選挙、不正が絶対にない選挙になって欲しいものです。 *写真は、上の記事とは、全く関係ありません。つい最近、ニューヨークから送られて来た4歳の女児の写真です。 (11月6日記載) https://www.youtube.com/watch?v=gz3MyWJplFk(←不正な選挙の内容)

続きを読む

オンライン英会話でチベット文字

 令和2年11月5日(木)の15:30~15:55、ブータンの女性と英語で、会話しました。  自己紹介などした後、英語でチベット文字(基字、子音字)30個を一字一字、丁寧に教わりました。シンハラ文字と同じ様に、やはり、難しいですね。恐らく、日本語の平仮名も、海外の人にとっては、同じ様な思いをしていると思います。  で、何とか時間内に終え、最後に、私の生の篠笛の演奏と、ユーチューブでの(盆踊り)太鼓演奏と老人施設での篠笛演奏の録画を見せて、終わりました。  楽しい、充実した25分間でした。  チベット文字を用いた「ゾンカ語」が、ブータンでは、国語ですが、方言は、沢山存在する様です。英語もかなり通じる様です。  首都ティンプーがある西ブータンでは、ゾンカ語が、東ブータンではシャチョップカ語が、南ブータンでは、ネパール語が使われている様です。  APUの学生さんから、いつか、チベット文字をしっかりと教わりたいと思っていました。しかし、こんな感じで、簡単に、日本のどこにいても、チベット語が学べる何て、ホント、想像もしていませんでした。  ブータンに行った気分に少しなりました。 *写真は、今回、チベット文字を教わった時に、ホワイトボードに私が書き込んだもの。 (11月5日記載) https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/2020-11-05-1-thumbnail2.jpg?1604619060587

続きを読む

アメリカ大統領選挙

 テレビを見ると、今日は、多くの局で、アメリカ大統領選挙の内容が多いですね。どちらかが勝ち、どちらかが負けます。負けたことは、両候補とも、殆ど考えてない感じですが・・・。選挙結果も、日本と違って、直ぐに出なくて、何か不自然ですね。  トランプさんの口調も、バイデンさんの口調も、品格に欠けますね。アメリカ第一主義、そして、身内も、その恩恵にあずかろうとしています。やっぱり、日本人から見たら、おかしいと思いますけど・・・。でも、そんな変人でないと、今のアメリカ、動かせないのかなあ・・・。  (日本でも、国会議員がヤジを与党も野党も飛ばしたり、乱闘騒ぎをしたりと、それを見ると、ちょっと恥ずかしくなりますが・・・)  宮沢賢治は、自分だけの幸せは、本当の幸せでないと言いました。私もそう思います。他人の犠牲の上に成り立つ幸せなんて、長続きしませんね。  日本には、奴隷制度はなかったですね。欧米は、それが当たり前でした。  織田信長が、アフリカのモザンビークの黒人を自分の家来にして、部屋まで与えた何て、しかも、その黒人、宣教師が連れて来たのですが・・・欧米の見方からすると、当時、信じられないことですね。  アメリカだけでなく、中国でも、多くの国で、そして、日本でも、貧富の差が激しくなって、貧困者は、経済的に苦しんでいます。  しかし、日本には、和を大切にする精神が昔からあります。財布をなくしても、多くの場合、持ち主に戻ります。順番を守ります。怒っても、悲しんでも、相手のことを思って…

続きを読む

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介