大国の驕り・・・

 今、世界情勢は、極めて不安定ですね。
 新型コロナウイルスによるパンデミックが進行中だけでなく、中国の長江周辺の大洪水、バッタの被害、米国と中国の覇権争い、中国共産党の非人道的行動、北朝鮮の金家独裁政権など・・・先が明るい動向よりも、暗い動向の方が多いですね。マスコミは、これでもか、これでもかって感じで、不安材料を優先的に報道していますが・・・!
 正直、いつ、戦争が起きても、核戦争になって、人類が滅んでも、不思議でない感じがしていますが・・。別の見方をすれば・・・そう言われ続けて、今まで起きてないのだから、今後も、大きな戦争は、起きないと言う見方もあるかと思いますが・・・。
 常任理事国の国は、米・露・中・仏・英の5ヵ国で、それがいつも同じで、拒否権で、いつでも否定できると言う構造が、そもそも大問題ですね。それが永いこと続いて、一向に、変える雰囲気、ないですね。
 7月18日、グテレス国連事務総長が、オンラインで演説し、「70年以上前に世界の頂点に立った国々が、国際機関の力関係の転換を要する改革を拒んでいる」と述べて、大国が不平等解消に取り組んでいないと批判しました。
 この発言、全くその通りですね。
 5ヵ国、どんどん核を縮小にするはずだったのに、それは、進まず、核の均衡とのことで、使えない核をしっかりと持ち続け、他の国の保有を許そうとしないですね。
 各国が、自国中心主義で、特に、大国の中国と米国が・・・困ったことです。
 そんな国際情勢の中で、日本は、もっと積極的に平和外交に出るべきでは。それが出来るのは、世界の国々の中で、日本しかないと私は思っているのですが・・・?!

https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/2020-07-19-1-thumbnail2.jpg?1595197639592

この記事へのコメント

2022年01月 >>
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介