命懸け・・・

 令和2年7月26日(金)、朝からずっと雨が降って、昼過ぎに、それが止んで、セミが鳴き始めると・・・→
 庭の木に止まって、けたたましく鳴いていたセミが、突如、悲鳴みたいな、かん高い声を出して、一斉に、鳴き止み、見ると、カラスが右往左往していました。このカラス、音を立てない様に、サッと、忍者みたいに襲って来るんですねえ。
 その後、セミがいなくなり、鳴き声も全く聞えなくなりました。あんなに沢山いたのに、セミちゃん、どこに行ったのかな?
 セミは、3年程、長いのだと、10年近くも、地中にいるとか。そして、晴れて、地上に出て、カラスに食べられてしまったとしたら、カラスに食べられる為に、この世に生まれてきたようなもんで・・・ホント、かわいそう。
 カラスは、(ダチョウと違って)超賢いから、又、セミを食べに来そうだなあ。カラスも、食べないと生きていけない。
 セミも、命懸けで、(カラスに怯えながらも)鳴いて、メスを誘わないといけない。皆、一生懸命なんですね。
 政府は、コロナ禍でも、経済を考えて、やむなく、移動を勧める感じですが、周りからは、人命を大切にしろって感じで言われて・・・選択を間違えると、それで、大きく政権に響くだけに、苦しいところで、セミと同じ運命に似ている感じですが・・・?!
 多くの生き物は、子どもを生んだ後、亡くなっています。ヒトも、縄文時代は、20年も生きなかったみたいで・・・100年前は、(織田信長が言っていた人生50年に少し足しての命で)、戦後では、男性は、仕事を辞めて、数年で他界していましたね。それで、父親は、それなりに、輝いて、子孫の記憶に残っていましたが・・・。
 それが、自分の様に、70歳過ぎても、まだ、それなりに元気で生きていて、仕事してなくても、年金をもらっているとなると、どんなに感謝しても、感謝仕切れない感じですね。
 
*写真は、家から撮ったカラス達。カラスって、集団行動すること多いみたいだなあ。それに、ヒトがいじめると、そのヒトの顔をしっかり覚えていて、攻撃されるケースもあるとか。

https://president.jp/articles/-/35711https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/2020-07-24-0-thumbnail2.jpg?1595636662773

この記事へのコメント

2022年08月 >>
   1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31         

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介