夏カゼが少ない・・・

 今の時期だと、手足口病やヘルパンギーナやプール熱(咽頭結膜熱)、いわゆる夏カゼが、小児科外来では、多いと思われるのですが、コロナの影響でしょうか、全国の小児科では、極端に、少なくなっています。手足口病に至っては、統計を執り始めて以来、最低とか・・・。
 インフルエンザウイルスとコロナウイルスが、お互いに、(干渉と言う作用で)競争して、一方が多いと、他方が少ないことを、幾度も経験して来ましたが・・・私見では、RSウイルスも、コロナウイルスのせいで、極端に少なくなっていると推測されます。(←図参照)
 手を洗ったり、人との接触を少なくしたりして、コロナウイルス感染を防ぐことをすることで、他のウイルスにも、掛からなくなっているのではないでしょうか?
 それと、症状が軽ければ、今までの様に、医療機関に直ぐに掛かることなく、今までと違って、どうしてもの時だけ掛かる傾向になっているのではないでしょうか?
 手足口病にしても、ヘルパンギーナにしても、プール熱にしても、原因がウイルスなので、抗生物質は全く効かず、時間が薬って感じで、対症療法(症状を取る)しかありませんから。
 RSウイルスに掛かると、特に乳児は、症状が軽くないので、どうしても医療機関に掛からざるを得ないので、それも少ないとなると、やはり、本当に、RSは、コロナで押さえられているのではないかと思っています。
 インフルエンザワクチンは、海外と違って、日本では、全年齢に打ち、熱があると、どんどん検査をして、どんどん薬をあげている感じですが(何せ、日本でのタミフル使用量、半端でないですから)、本当にいいのかどうか、私には、分かりません。インフルエンザの薬も検査もない昔は、インフルエンザ流行の時期、だいたい、決まっていましたが、今のインフルエンザは、春にも、しばしば、流行しています。
 それに、今と違って、昔は、冬に、複数のインフルエンザに掛かること、少なかったと思います。今は、A型2回(新型と香港型)、それにB型と、3回も掛かること、希でないですから。(B型には、山形株とヴィクトリア型と、2つあるので、インフルエンザの時期に、4回掛かっても不思議でないと思われますが、それは、今の所、はっきりとした経験、ありませんが・・・)
 土台、ウイルスの方がヒトよりも先に、この世に出て来て、胎盤にしても、ウイルスがなければ、生まれなかったはずです。と言うことは、ヒトを作ったのも、ウイルスとも言えるでしょう。
 ヒトは、ウイルスと共存するしかないと思うし、共存できなければ、とっくの昔に、人類は、滅んでいたと思われます。ヒトとヒトとの間も、共存でなく、競争競争では、摩擦が生まれます。ウイルスとヒトの間も、同じではないでしょうか。


https://www.city.sapporo.jp/eiken/infect/trend/graph/l620.html(←RSウイルス)
https://www.youtube.com/watch?v=XHT5IGYX240

https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/2020-07-25-1-thumbnail2.jpg?1595802663942

この記事へのコメント

2022年01月 >>
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介