何故かなあ・・・

 何故かなあ・・・?!
 今は、コロナに関しては、専門家の意見が、真っ二つに分かれています。今は、第二波にあり、もっと自粛するべきか、その必要はないのか?
 私は、少数意見の方で・・・つまり、第二波の本格的な到来は、ない、と言う方で、今の所、なかなか認めてもらえない感じですが・・・。
 世間から、上久保先生の意見がどうして受け入れられないのか、不思議に思っています。こんなにしっかりとしたデータを出しているのに・・・何故、日本は、死亡者が少ないのかを、よく分からないままに、説明している専門家が何と多いことか。
 今現在、エクモ装置者、さほど、多くなっていないし、死亡者数も、多くなっていない。専門家の多くは、今から、重症者が多くなって、エクモ装置数や死亡者数がどんどん多くなるって感じで言われていますが・・・そうだと、もう、多くなっていてもいいのでは?
 多くの日本人が既に免疫を持っている・・・検査は、不完全(!)、検査の意味がよく分かっていない人が多過ぎるのです。これって、検査を優先しようとする今の医学への警鐘では?コロナは、絶えず、型を変えます。RNAで、一本鎖だから、変異がしばしば起きるのです。人類は、ブースター効果を期待して、絶えず、微生物と共存して生きるしかないのです。
 人類は、ウイルスと共存して今まで生きてきています。それが出来なかったら、とっくの昔に、人類は、滅んでいます。
 強いウイルスは、宿主が亡くなれば、そのウイルスも滅びます。だって、ウイルス何て、実にシンプルの作りで、遺伝子を蛋白質でかこっているだけで、宿主に寄生してやっと生きられる存在でしかないですから。宿主の中で、永く生きようとしているはずで、それなりに、ヒトと共存して生きよう生きようとしていると思います。(人類がウイルスを撲滅したのは、天然痘だけ)
 インフルエンザのワクチンを全国規模で、全年齢(乳児以外)に、日本の場合、打とうとし、症状が少なくても、検査をだんどんして(それも、半強制的なことが多く)、抗インフルエンザ薬も、検査陽性だと、積極的に処方されています。
 誰も、声高に言わない感じだけど、自然に逆らって、インフルエンザのワクチンをし過ぎると(高齢者や基礎疾患を持っている人や急性脳症を起こしやすい乳幼児は別ですが)、おかしいことになるんじゃないのかなあ?
 事実、昔は、ソ連型が流行ると、香港型は、サッと消えていて、香港型が流行ると、ソ連型は、サッと消えていたけど、今は、両方が、しばしば流行していますね。それに、春にインフルエンザの大流行なんてなかったのに、今は、B型が、しばしば、ワクチンの効果が切れる春に、流行していますね。掛からない為に打ったインフルエンザワクチンなのに、5ヵ月過ぎると、抗体価が落ちて、掛かっているのが現状です。
 コロナも、どんどん変化しています。今回、1月に日本に入った新型コロナのタイプ(K型)にたまたま日本人が(半分ほど)さらされていたので、既に、新型コロナの免疫力があったので、エクモ装置を付けたり、死亡者が少なくなっているんだけどなあ・・・(掛かってないヒトが、その後、新型コロナに掛かりますね・・・)。
 このままだと、経済的損失は、どんどん増え、自死者数も、ドンドン増え、税金も高くなり・・・どこかで、舵を切り替えないと、大変なことになるんじゃないのかなあ・・・?!
 この国って、マスコミなどの報道機関が牛耳っている感じで、自分の頭で、自分なりに理論を展開して、考えることを止めちゃったのかなあ?
 それでは、困りますね。

https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/2020-08-01-2-thumbnail2.jpg?1596495335536

この記事へのコメント

2024年02月 >>
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29      

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介