藤井二冠

 2月11日、朝日新聞主催の「朝日杯」での準決勝で、藤井二冠が、渡辺名人に勝ちました。
 コンピューター将棋ソフトの評価値を基にした勝率では、表示が、渡辺「99%」、藤井「1%」となっていたのに、渡辺名人のたった一手のミスで、途端に渡辺「3%」へと急落して、一気に、藤井二冠の勝利になったのです。
 渡辺名人は頭を下げ、投了を告げました。直後にあった対局後の検討の中で、藤井二冠は、遠慮がちにそっと、渡辺名人が見逃した藤井二冠の玉の詰み筋を示しました。
「何それ?」
 渡辺名人は思わずそう声をあげたのでした。それは名人でさえも、すぐには意味が理解できないような妙手順でした。
「将棋は2度負かせ」という言葉がありますが・・・勝負に勝ち、さらには局後の検討でも才能を示すことによって、この将棋は2度勝ったことになります。
 次の決勝でも、又、藤井二冠は、逆転勝利しました。
 九段の実力者、三浦氏も、藤井二冠を相手に途中まで勝勢で、勝率「98%」という局面にまで持ち込んでいたのですが、そこから藤井二冠は、再び、超絶技巧を尽くして三浦氏の攻めをしのぎ、大逆転となったのです。
「藤井さんなんで、しょうがないですね」、三浦氏は敗戦の弁を、そう締めくくっています。
 藤井二冠は、全棋士が参加する朝日杯で、参加4回中、3回目の優勝を飾ったのです。まだ高校生の18歳の若者が、同一棋戦で3度も優勝したのです。
 藤井二冠が名実ともに将棋界の頂点に立つこと、いや、もう立っているのかも知れません。

*参考:AERA 2021年2月22日号
*写真は、藤井二冠が推薦している「日本将棋連盟」発行の詰め将棋の本で、私は、今、これを毎日、しています。
(令和3年2月16日、記載)

https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/2021-02-15-1-thumbnail2.jpg?1613432578251

この記事へのコメント

2024年05月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介