クールジャパン-2-

 中華料理、韓国料理、フランス料理、イタリア料理、スペイン料理、トルコ料理、インドネシア料理、タイ料理、それに、天草でロシア料理、ポーランドでグルジア料理、フランスでベトナム料理などと、国際色豊かに食べましたが、やはり、日本人には、和食が一番いいですね。いろいろ食べて、それがよく理解出来ます。
 まず、日本の場合は、器がきれいですね。食べる料理が、きれいに並べられていますね。超清潔ですね。健康食ですね。スタッフが、とても親切ですね。この「おもてなし」、正に世界一ですね。
 日本では、お客様は、神様ですって感じですね。スタッフの愛想が悪いと、人気、確実に落ちますね。
 おしぼりも出るし、お手拭きも出るし、少し待っただけなのに、申し訳ございませんと頭を下げられます。又、美味しいお茶も水も、無料です。
 (以下は、10年前の記載で、少し古い内容ですが・・・→)
 2007年に、「ミシュランガイド東京 2008年」が発売されて、話題になりましたね。しかし、日本では、なぜか冷めた空気があったのも事実でした。
 この東京版の発売で最も強い衝撃が走ったのは、欧州でした。何故なら、星付きの店の数が、東京が150軒で、パリの74軒の倍ほどありましたから。つまり、東京は、世界一の美食都市として地位を確保したのです。しかも、2年後の2010版になると、東京の3つ星が11軒となり、パリの10軒を越えました。推移を見ると、パリと東京では、一つ星が、08版では、50軒と117軒、09版では、55軒と128軒、10版では、53軒と144軒となっています。二つ星では、それぞれ、15軒と25軒、15軒と36軒、14軒と42軒、三つ星では、それぞれ、9軒と8軒、10軒と9軒、10軒と11軒となっています。つまり、パリの数が年毎に殆ど伸びていなのに、日本のそれは、着実に増加しているのです。
 星が付いた東京の197軒の内、132軒が、日本料理店だったのです。
 更に海外の人が驚くのは、そんな評価に多くの日本人が、「エッ、あそこが○星何て、こちらの方がもっといいのに・・・」とか、「何を持ってそんな評価をしてるの?」何て感じで、冷ややかなことです。
 そうです、東京だけでなく、日本中、アチコチに、それに肩を並べる感じの料理店、沢山ありますね。
 京都に行くと、京料理の素晴らしさに感激しますね・・・。歴史の古い京都の方では、3つ星が目白押しでは・・・!! 魚料理が美味しい天草や延岡や佐伯でも、3つ星までは行かなくても、星の付けられる店、結構あると思いますけど・・・!
 東京では、老舗の一流料理店は、一元客は入れないと聞きます。当然、ミシュランガイドの関係者も、そこには入れなかったのでは・・・?!
 土台、東京の飲食店の数何て、パリとは大違い。パリが1万3000軒、ニューヨークが2万5000軒に対して、東京は、何と、16万軒程もあるのですから。
 今回のコロナ禍の影響で、この素晴らしい日本の飲食店の動向が、とても気になります。以前の姿に早く戻って欲しいですね。
*写真と上の内容は、関係ありません。天草で、病院から正月に出された昼食です。

https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/2015-01-01-lunch-thumbnail2.jpg?1614295706902

この記事へのコメント

2023年02月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28            

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介