藤井二冠、勝つ

  「藤井聡太二冠、王位防衛戦の第2局で、勝利」

 将棋の最年少タイトルホルダー、藤井聡太王位(棋聖18歳)が、豊島将之竜王(叡王31歳)の挑戦を受けての7番勝負の第2局で、勝利しました。
 令和3年7月14日(水)、2日目が、北海道旭川市で行われ、102手で、後手の藤井二冠が勝ち、対戦成績を1勝1敗としました。
 2日目の最後の方だけ、真剣に見ていました。ずっと豊島竜王が、優勢で、藤井二冠の持ち時間が少なくて、又、第1局のように、負けるのかなあと思っていましたが、最後の方で、藤井二冠の方が、(いつの間にかって感じで)優勢になり、そのまま、押し切った感じで勝利しました。
 お見事と言う以外、ありません。これで、豊島竜王との対戦成績は、2勝7敗となりました。渡辺明名人との勝率は、藤井二冠、1敗しかしてなくて、8勝1敗で、断然いいのですが、豊島竜王とでは、天敵って感じに思えてなりません。(→今からの活躍を期待したいところです!)
 思うに、勝負の世界は、厳しいですね。プロになるのも、大変ですが、なってからも、それを維持するだけでも、大変ですね。人数が決められ、そこには、涙を流して去った人も多いのです。
 つい最近まで、ある野球の球団の社長だった人と、話す機会があって、有益な話を伺うことが出来ました。
 「10人採用すると、10人、首にしないといけない。プロの選手として、ここまで来るのに、寮生活を強いられ、厳しい練習にも耐え、競争に打ち勝って、やっと来ていたのに、そんな選手を首にする時、最後に、深々と頭を下げられる時、何とも言えない気持ちになります。」と。
 「ビートたけし」も、テレビで、同じ様なことを言っていましたね。「芸能人、浮かばれる人がいれば、必ず、その陰で泣いている人がいる。」と。
 そうですね、どんな仕事でも、そんな面が確かにありますね。
 その点、子育ては、報われますね。いい子育てをしてれば、それなりに子どもは上手く成長していきますよ。

 藤井二冠、渡辺名人に対しては、8勝1敗
 藤井二冠、豊島竜王に対しては、2勝7敗
 渡辺名人21勝-豊島竜王14勝

(令和3年7月15日、記載)

https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/E3839EE383A9E382BDE383B3-thumbnail2.jpg?1626304814689

この記事へのコメント

2021年09月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30      

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介