退職後のエッセイ(17)

 「バカの壁」の著者である養老孟司さん、時々、テレビでお目に掛かります。話す内容に深みがあって、為になります。養老さんの連れだった「まる」なる猫も、昇天してしまいましたが、10年前の養老さんが、テレビで言った内容ですが、今も、同じ思いです。その番組の全てを見た訳ではなく、又、私になりに、少し、内容を変えていますが・・・話した内容の中で、次の3点がとても印象的でした。

1、「社会の役に立つことをすることが仕事である!」
 と言うことは、馬鹿な話をして周囲を明るくするのも、立派な仕事になりますし、演奏したり、ゴミ拾いをするのも、立派な仕事と言うことですね・・・。もちろん、スポーツ選手が活躍してそれで見ている人が元気になれば、とても立派な仕事と言うことになりますね・・・。
 逆に、弁護士が金儲けの為に、虚偽の弁護をしていたり、医師が金儲けの為に不必要な薬を過剰に投与していたり、点数稼ぎで検査を過剰にしていたら、仕事と言えませんね。又、科学者が、昼夜を問わず、研究していても、その殆どが、社会の為にならなかったり、皆から選ばれた政治家が、それに見合うだけの社会貢献をしていなかったり、更には、私腹を増やしているとなると、もう、それは、仕事ではないですね・・・。
 どんな人にも、それなりに、社会の為に役に立つ仕事があると思います。主婦業も、立派な職業だし、子育ても、大切な仕事の一環ですね。
 無愛想な顔でいると、周囲も暗くなりがちですね。人に会った時は、愛想よくした方がいいに決まっています。医療従事者も、医療を受ける側が気軽に相談に乗れる様に、笑顔で接する方がいいですね・・・(・・・←自分の今までのことの反省も含めて)。

2、「将来、才能のある子にするには、出来るだけ外に出すこと!今は、無理かな・・・」
 「若い時の苦労は買ってでもせよ」と言いますね。外に出ると、いろんな刺激があります。出来るだけいろんな刺激を受けた方がいいに決まっています。休みの時には、子どもさんと一緒に、虫取りや旅行に行くことなんて、とてもいいことだと思います。学生だと、海外へ、それも、個人で、更には、発展途上国の方がいいと思います・・・(最悪の危険な状態を避ける知恵や行動力など、自分の身を守ることを、若い時に、体ごと覚えた方がいいかな?今は、コロナで、難しい状況ですが・・・)。
 養老さんは、「自然(花鳥風月)」と「人間関係」の大きな2つの世界を述べていました。つまり、自然の世界に親しまない人は、それだけ、生きる上で世界が狭くなると。人間関係で、良いことから悪いことまである様に、自然にも、良いことから悪いことまであると。
 人間関係で悪いことにつまづいても、自然との関係で、救われることもあると。それがあるかないかは、生きる上で大きな違いと言われていました。(・・・←この歳になると、この意味がよく理解出来る気がします・・・)

3、「今の入試制度の弊害!」
 今の入試制度の弊害に付いても述べられていました。入学試験では、わずか1点で、その後の人生が決まる場合もあります(私は、0.5点で2浪しましたが・・・)。しかし、その1点の差では、実質、殆ど差がない。選ぶ側は、これが一番公平な方法だと言いますが・・・ホントにそうでしょうか?
 熾烈な受験勉強をすればする程、それで失うものがあります。・・・→人を見る目がおかしくなっています(数字や学歴で見ようとする?!)。合格した人もしない人も、その後、永いこと、その後遺症に悩まされるのです・・・。(・・・←自分を含めて、それに気が付いていないケースが多い?!)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%8A%E8%80%81%E5%AD%9F%E5%8F%B8(←養老孟司さん)
https://www.youtube.com/watch?v=cZ0y6LRpl6I
*写真は、2005年5月、ローマで撮ったものです。

 (令和3年9月7日、少し修正して、再掲)

https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/2005-5-roma-thumbnail2.jpg?1630972383955

この記事へのコメント

2023年02月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28            

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介