退職後の雑感(56)

  「退職後の雑感。藤井5冠」

 2月12日(土)は、王将戦七番勝負第4局の2日目で、午後6時23分、挑戦者の藤井聡太竜王(19)が、渡辺明名人(37)に、114手で、勝ちました。それも、4連勝して。それで、「竜王」・「王位」・「叡王」・「棋聖」、そして今回の「王将」で、5冠となりました。残り時間は渡辺名人5分、藤井36分でした。(←時間の使い方も、素晴らしくなっていますね・・・)。
 何と、最年少19歳6カ月での5冠は、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、羽生善治九段以来で、1993年8月に、羽生善治九段が、22歳10カ月で達成した記録を更新して、史上最年少5冠となったのです。
 羽生善治九段が、7冠を達成した時、もう、こんな人は、100年、出ないと思っていましたが・・・突如出て来て、あれよあれよと言う間に、二十歳前にして、5冠を達成してしまったのです。
 藤井聡太竜王の戦いでは、しばしば、解説者が、よく分からない、難しいなどと言います。藤井5冠、AIを駆使し、解説者も、AIを使って、しばしば、解説しています。
 まあ、藤井5冠、将棋士の中で、AIの出す「最善手」になっている確率が一番高いとのことで、ひょっとしたら、藤井5冠、人間でなく、AIかも何て、思ったりもしていますが・・・?!
 「出来過ぎで、実力がそれに伴っていないので、伴うようになりたい・・・」と、言われます。そんな感じで、イチローも、かって、トップの成績を挙げている時、同じような感じで言われていましたね。
 
https://www.youtube.com/watch?v=2MgcfIXlce0(←藤井聡太5冠のエピソード5選)
*写真は、クラーク氏の胸像と一緒に、北海道で撮ったものです。

 (令和4年2月13日、記載)

https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/E382AFE383A9E383BCE382AFE38195E38293--3d95c-thumbnail2.jpg?1644712706950

この記事へのコメント

2024年05月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介