退職後の雑感(219)

  「退職後の雑感、入試」

 入試って、一体、何でしょうか?入れる数は、決まっています。どんなに頑張っても、もっと頑張る人がいれば、落ちます。そこでは、相手のことを考えて優しく生きる生き方よりも、競争で生き残る生き方を学ぶことが多いと思います。
 大学入試の問題、はっきり言って、あまり質が良くないのが多いと思っています。模擬試験の方が、良質な問題が多いのでは・・・。土台、大学の先生が中心になって、高校の授業内容をあまり熟知せずして作成することが多い訳ですから、いい問題は、作成しにくいと思うのですが・・・。大学に入学して、たまたま、教養部の教授の部屋に入った時、旺文社が毎年出している大学入試問題集が置かれていたのには、ビックリしました。又、大学の教官が大学受験の為の予備校に行ってバイトしているケースも、知っていますが・・・。
 東大や九大の入試問題は、良問が多いですね(←作成するスタッフも、それなりに多いからでしょうから?!)。それに反して、地方の大学入試の問題では、周期的に、内容のパターンの変化が見られること、多々ありますね(←少ない作成者が、周期的に交代で作成していると思われますが・・・?!)。受ける大学にどうしても入りたい場合、まず、入試問題を徹底的に研究しておくべきだと思います。浪人した時、九大を受けるには、九大に沢山合格者を出している予備校に、長崎大を受けるには、長崎大に沢山合格者を出している予備校に通うと、いいかも知れませんが・・・?!
 いい成績を上げている受験生のタイプには、2つあると思います。受験勉強をあまりしなくても、本当に、実力があって、それなりに出来る人(この場合、受験では、時間不足になることが多いと思いますが)。もう一つのタイプは、短い時間で、能率良く解ける様に訓練されていて、その為に、多くの問題のパターンを予め解いて熟知していて、それをきっかけに類似であることに気付いて、解いて行ける人ですね。つまり、受験テクニックに秀でている人ですね。
 こんなことを、幼稚園に入る前から、子どもに強いたり、中学受験や高校受験の段階で、既に、強いられている子ども達がいるかと思うと、ゾッとしますが(←それで失っているものの方がはるかに大きかったと言うことに気が付くまでに、30年以上掛かるかも知れませんが・・・?!)。
 私と同じ団塊の世代で、長崎大学医学部(←私は、落ちましたが)に現役で合格した人と話したことがありました。現役で合格していたその先生は、言いました、「長崎大学の今までの問題を解いていたら、殆ど、毎年同じ感じの問題が出ていて、私の時は、ほんとそっくりの問題が出ていて、ビックリしました。」と。英数学館(←今は、もうないですが)に教えに来ていた長崎大学の数学の先生が、次の様に言ったのを、今でも覚えている、「今年の長崎大学の数学の問題は、ちょっと変な問題で、難し過ぎました。来年は、そんことは、ありませんから・・・(←こんなこと、大学の先生が予備校で言ってもいいのかなあ?!)」。
 ノーベル賞を日本で初めてもらった湯川秀樹氏は、高校の時、同級生に物理の授業をしていて、その教え方は、その学校の物理の先生よりも上手だったとか・・・京大受験の数学の試験で、湯川氏しか解けない問題があったtか・・・しかし、彼は、それでも受験に失敗して、一浪してしまいましたが・・・。
 マスコミによく出ていた京大の森名誉教授が、ある時、京大の数学の問題を作成する時の裏話を、次の様に言われていました・・・「まあ、この問題だと、8通りぐらいの解き方があるだろう、と思って、出題すると、何と、京大を受ける受験生だと、20通り以上の解き方が出てきます。で、ある解き方だと、途中で、行き止まって解けなくなってしまいます。それでは、解けないんだよと思って、何人も採点して行っていると、数百人チェックし終えた所で、その方法でちゃんと筋道を立てて、解いている答案用紙に出くわします。こうなると、数学は、途中の経過が大切なので、多くの答案用紙から、前の途中の経過で終わっていた人の答案用紙を探し出して、それなりに点を上げることになりますが・・・」と。
 受験勉強していて、本当に面白いと思った教科は、自分の場合、数学だけでしたが、実際には、点数や順位を上げることが楽しみで、その結果として入試に合格することが楽しみで、頑張れていました。2浪の時は、点数を上げる為に、嫌いな古文も漢文も、英語と同じ様に、全訳して行き、授業中にそれを訂正していました。
 国語は、1年間や2年間では、本当の実力は伸びないですね。その基礎は、小学校時代であり、その中でも、読書力の差ですね。
 英語は、結局は、最後は、国語力ですね。英語の試験で最も要求される読みこなす力は、ただ、内容が英語で書かれているだけで、国語と同じ能力を見ていることになりますね。
 数学は、基礎が大切ですね。公式の出し方など、教科書で、基礎を完全に叩き込んでおくことですね(←私はそうしました・・・)。本当の数学としての学問は、いろんな解き方を時間を掛けて考え出し、今まで考えつかなかった感じの方法で解けた時の喜びを感じることかな?しかし、受験では、それは、許されませんね。速答出来る様に、側頭葉を使い、前頭葉を余り使わないで解く様に強いられますが・・・。
 社会や理科は、基礎をしっかりと理解して、楽しく勉強して行けば、そして、時間をたっぷりと掛けて勉強して行けば、誰でも、ある程度までのいい点数は、取れると思います。学校の方針で、主要三科目で時間を取られて、選択の社会理科に時間を沢山掛けられない状態では、現役では、消化不良で受験することになるでしょう・・・。
 いやいやながらしたことは、医学的にみても、受験が終われば、直ぐに忘れてしまう傾向にあります(←大脳基底核の喜びを感じる扁桃体と短期記憶中枢の海馬が、強固に結び付いているからして)。人間は、大脳生理学的に、よく休み、よく寝、それに、よく運動すると、記憶力が良くなります(眠っている時に、記憶が脳で整理されて行く)。しかし、多くの県立の進学高校の様に、朝から晩までの詰め込み主義と睡眠不足では、非能率の状態となり、学問の真の面白さや、深く勉強していくことの楽しさや、やる気など、確実に喪失して行ってしまうでしょう。
 一点で、全ての勝ち組と負け組を分けてしまう今のやり方には、どうしても、賛成しかねます。大分県の別府市にあるAPUのように、年に、2回の大学入試があってもいいと思います。社会人がどんどん参加出来る大学になって欲しいですね。学問は、元々、面白いもの。その面白さを知らずして、学校を巣立ってしまう現実を、多くの関係者が、まず、反省してもらいたと思います。
 その内、大学を卒業して、アメリカのように、医学部や法学部に進学する様になるのでは・・・?!出来ることなら、日本の旧帝大を全てなくして、それを研究中心の大学院大学にして、それも、ドイツのように、大学間の差がない状態にすれば、いいと思うのですが・・・。今の政治家には、思い切った教育改革、無理だろうなあ・・・?!

*写真は、長女が卒業した(カイロプラクターになる為の)アトランタにある「ライフ大学」。

 (令和4年8月14日、15年前の記載の内容を少し修正して、再掲)


https://taharasosuei71.up.seesaa.net/image/0E383A9E382A4E38395E5A4A7E5ADA6E381A7E381AEE7A781E98194E4BA8CE4BABA-28d3f-thumbnail2.jpg?1660438488026

この記事へのコメント

2022年10月 >>
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介