退職後の雑感(227)

「退職後の雑感、国際看護学で多国語講座」

 〇〇年1月に、2回だけ、「国際看護学」を看護学生に教えました。教務との話し合いで、その中で、アラビア語やタイ語などの東南アジアのいろんな言語の紹介をすることになりました。看護学校に行って、「国際看護学」の関係の本を読んで勉強しました。
 今からの時代は、看護師さんも、海外に住む人、又は、住んでいた人との関わりが増えるので、国際的な看護力も、大切なんですね・・・!
 フランスとドイツとイギリスとアメリカでの、それぞれの国の医療に対しての違いが書かれた内容があって・・・その違いが顕著なのは、帝王切開って感じで書かれていました。(→妊婦さんの帝王切開率は、アメリカが突出して多くなっています。アメリカでは、日本のと違って、沢山お金を出せば、いい医療が受けられ、そうでなければ、いい医療は受けられず、日本の皆保険制度とは、全く次元が違うんですね・・・)。
 ナショナリゼーション(国際化)、グローバリゼーション(地球規模化)って言葉が、頻回に出てきます。そうですね、今はそんな時代なんですね。それに、ナース不足は、全世界共通って感じがしていいますが・・・?!
 5歳未満の子どもは、栄養失調が基盤にあって、急性呼吸器感染症(19%)や下痢性疾患(17%)やマラリア(8%)や麻疹(4%)で命を落としています。ビタミンA不足で見えなくなったり、鉄不足による貧血や、ヨウ素不足で甲状腺が大きくなっている子どもが、世界には、まだ、多いんですね。
 今からは、渡航の関係で、海外から帰っての不明な発熱では、デング熱やマラリアの疾患、常に考えてないといけないですね・・・。
 看護学校のお陰で、私の多国語も、整理が出来て、感謝感激です。国際看護学(多国語講座中心で、多国語のプリントとスライドと試験がありましたが)、何とか、楽しく、海外で撮ったスライドなどを使って、楽しく出来ました。
 いろんな国の簡単な挨拶言葉だけでも、ちょっとでも出来るといいですね。それに、文字にも、少しでも積極的に取り組めれば、いいと思うのですが・・・。
 卒後、10年後?、何処かで、英語以外の言語での学習の必要性を感じた時、そのきっかけに、私の講義内容が役に立てれば、こんな嬉しいことはないです・・・!

*以上は、2010年9月14日に記載した内容を修正してのものです。
*写真は、バングラデシュの首都ダッカで私が撮った、「ダッカ大学医学部の救急外来」です。(←中に入って、見学も、させて頂きましたが・・・)
https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%A4%9A%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%80%80%E7%94%B0%E5%8E%9F%E5%AE%97%E6%AD%A3%E3%80%80%E7%94%B0%E5%8E%9F%E6%AD%A3%E8%8B%B1(←多国語講座)
*文字の説明・・・東南アジアの文字は、子音字が主体。
 ミャンマー語、シンハラ語、チベット語、ヒンディー語、ベンガル語、ハングル語、タイ語、ヘブライ語、アラビア語、そして、縦書きで、モンゴル語で、「上天草カミアマクサ」と書いています。モンゴル語とハングル語は別にして、如何に、子音字が中心で書かれているかが、理解できます。ヘブライ語とアラビア語に至っては、脇に書かれた母音字が省略されることも、しばしばです。母音のイの時が、ヒンディー語やベンガル語では、子音字よりも前に来ています。このことは、タイ語のオ行やエ行にしても、同じで、ベンガル語やシンハラ語でも、オ行だけでなく、エ行にしても、子音字の前に書かれています(エ行に加える感じで、オ行が出来ています)。日本語では常識とされている、子音字の次に母音字と言う原理が、ここでは、通じなくなっています。

 (平成4年8月22日、少し修正して、記載)

ダッカの病院(短縮).jpg2022-08-21-1takokugo.jpeg

この記事へのコメント

2023年02月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28            

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介